◆ずるい言葉
◇今さら困る「だから言ったでしょ?」

 仕事でA案とB案で迷って選んだA案がうまくいかなかった。ただでさえ気分が落ち込んでいるところに「だから言ったじゃん」と言われたらどうだろう。「すみません……」とつい謝ってみたものの、別に迷惑をかけてないのに、なんで謝っているんだろうとモヤモヤする。

「やると思った!」「私はもともと反対だった」「もっとこうすればよかったのに」など、今さら仕方ないことを言われたときは、「ですよね~」「やっぱり~」と笑ってスルーしてしまおう。

 終わったことをあれこれマウンティングのように言ってくる人のことは気にせず、それよりも目の前のことに目を向けてがんばるほうが建設的だ。

◇責任逃れの「私はいいけど」

 書き上げた企画書を上司に見せると「僕はいいと思うけど……」と煮え切らない態度の様子だった。「いい」なら「いい」と、なぜハッキリ言わないのか。

「個人的にはいいと思うんだけど……」「世間的にどうだろうね?」などと言う人は、本心では「いい」とは思っていない。“悪者”になりたくないし、ダメなところを説明するのがめんどうなため、そういう言い方をしている。「僕は違うと思う」とハッキリと自分の意見(Iメッセージ)を言ってくれたら、こちらも素直に「すみません、直します」と言えるはずだ。

 もし相手が責任逃れのようなずるい言い方をするようであれば、「あ、課長的にはOKなんですね。よかったー、じゃあ進めますね!」と明るく言ってみよう。慌ててあなたを引き留め、自分の意見を言ってくれるにちがいない。

◇一方的な「ご理解ください」

「ご理解のほどお願いします」というひと言になんとなくモヤモヤする。

 こんな風に感じるのは、「わかる」「理解する」とは本来、自分で「わかったり」「理解したり」するものなのに、それを他人から「わかれ」「理解しろ」と一方的に押しつけられているような感じがするからだ。丸投げされているかのようで納得がいかない気分にもなる。

「わかるだろ?」というのは、「空気を読め」と言われているのと同じであり、「同調圧力」にほかならない。自分だけが従わなければ、白い目で見られかねない。