【コロナ新薬】米イーライリリー社の新抗体治療薬に米FDAが緊急使用許可写真はイメージです Photo:123RF

 米食品医薬品局(FDA)は2月11日、オミクロン株に有効な新しいモノクローナル抗体治療薬のベブテロビマブに緊急使用許可(EUA)を与えたことを発表した。同薬は米イーライリリー社が製造している。オミクロン株の変異により、これまで使用されていた一部のモノクローナル抗体治療の効果が見込めなくなり、医師に残された選択肢がほとんどない状況下での今回の決定は、COVID-19の重症化リスクが高い患者にとって朗報といえる。

 EUAの対象は、軽症から中等症のCOVID-19に罹患した成人、および12歳以上で体重が40kg以上の小児のうち、重症化リスクの高い患者。また、FDAが既に承認している別の治療法を利用できないか、適応外の患者も対象になる。入院中、あるいは酸素療法を必要とするCOVID-19患者への同薬剤の投与は認められていない。

 FDA医薬品評価研究センター(CDER)のPatrizia Cavazzoni氏は、「現状では、治療薬の供給拡大がますます必要とされている。そのような中、今回の措置により、オミクロン株に対して中和活性を示すモノクローナル抗体薬が使えるようになった。ウイルスの新たな変異株が出現し続ける中、患者を治療するためのより多くのツールが必要とされている。今回のEUAは、そのニーズを満たす重要な一歩だ」と述べている。