過去の成功例が通用せず、優れた手法はすぐに真似される「正解がない時代」。真面目で優秀な人ほど正攻法から抜け出せず、悩みを抱えてしまいます。リクルートに入社し、25歳で社長、30歳で東証マザーズ上場、35歳で東証一部へ。創業以来12期連続で増収増益を達成した気鋭の起業家、株式会社じげん代表取締役社長執行役員CEO・平尾丈氏は、「起業家の思考法を身につけることで、正解がない時代に誰もが圧倒的成果を出すことができる」と語ります。「自分らしく」「優秀で」「別の」やり方を組み合わせた「別解」を生み出すことで、他人の「優等生案」を抜き去り、突き抜けた結果を実現することができるのです。本連載では、平尾氏の初の著書となる『起業家の思考法 「別解力」で圧倒的成果を生む問題発見・解決・実践の技法』に掲載されている「現代のビジネスパーソンが身につけるべき、起業家の5つの力」から抜粋。「不確実性が高く、前例や正攻法に頼れない時代」に自分の頭で考えて成果を生む方法を紹介します。

「正解がない」と思考停止する人と、「自分の頭で考えられる」人との決定的な差Photo: Adobe Stock

正解がない時代の先頭を走る「起業家」に学ぶ

現代は変化が激しく不確実性が高い「正解がない時代」と言われます。

過去に結果が出たやり方や、他人の成功パターンはすぐに陳腐化し、通用しなくなる。

上司や先輩が推奨するアイデアも、環境が変化し、彼らが経験してきた状況とは異なっているので、成功の保証は何もありません。

しかし、素直で優秀な人ほど他人も認める正攻法で、真面目に仕事に向き合っています。そのせいで、「正解がない」と言われる現代では、頑張ってもなかなか結果に表れないのです。

だからこそ、他人に左右されず、自分の頭で考えることが大切です。

ところが、自分の頭で考えろと言われても、何をどうすればいいかわからず、立ち止まってしまう人も多いのではないでしょうか。

一方で、正解がない時代に圧倒的成果を上げているのが「起業家」です。

自ら課題を発見し、独自の解決策でビジネスを成功させる起業家に対する注目度は、ここ数年で急激に高まっています。いまや、ニュース番組やワイドショーなど、起業家がお茶の間に登場するのも当たり前になりました。ほんの少し前まで、得体の知れない人たちと見られていたことが、信じられないほどです。

自分の頭で考え、意思決定し、リスクを負って仕事をする。

起業家たちは、不確実性が高い時代のビジネスパーソンの先頭に立っています。

そんな「起業家の思考法」を身につければ、誰でも自分の頭で考え、圧倒的な成果が出せるようになる。

これは、私の実体験に基づく、確信です。