生活必需品の値上げラッシュで個人の可処分所得は減り続けている。閉塞感や憂うつな気分を抱え、立ち尽くす人も多いかもしれない。
そんな気分を一掃しそうなのが『1日1分見るだけで願いが叶う! ふくふく開運絵馬』だ。
史上初!「神道文化賞」受賞・絵馬師が描いた【開運絵馬】の本
出雲大社、神田明神、東京大神宮、伊勢神宮崇敬会で展示中の【百年開運大絵馬】を特別収録
天然の木曽檜(樹齢300年以上、年間20万本限定希少材)に、絵馬師が生命を吹き込んだ「全71絵馬」を本邦初公開
神道文化賞は、神社・神道の文化を広める意義ある活動をした功労者に贈られる50回を超える伝統ある賞で、永崎氏は絵馬師として初受賞。日本で唯一、神道文化会から表彰された絵馬師として、長年、神社にお参りにくる人たちのために、幸福の絵馬を描いてきた。
この本は、伊勢神宮崇敬会、出雲大社、神田明神、東京大神宮などで展示中の「百年開運大絵馬」を特別収録しただけでなく、天然の木曽檜に絵馬師自ら新たに生命を吹き込んだ71絵馬を完全収録した極めて稀有なもの。事実、一足先に読んだある識者も「眺めてるだけで楽しい」と好評だという。
コロナ禍でメンタルダウンした人も、金運・仕事運・恋愛&結婚運・長生き健康運・人間関係運も御利益ザックザック。見るだけで木に宿る神のパワーが奇跡を起こしてくれるかもしれない。
本日は大安吉日! では、いよいよ絵馬師から注目の「開運絵馬」を紹介してもらおう(撮影:小森正孝)。

【大安吉日に1日1分強運貯金で願いが全て叶う】<br />見るだけで、突然、パートナーの機嫌が良くなる!?<br />家庭運が爆上がりする不思議な絵

【櫛名田比売(くしなだひめ)と八雲(やくも)】

 櫛名田比売は須佐之男命(すさのおのみこと)の妻。

 足名椎命(あしなづち)・手名椎命(てなづち)の8人姉妹の末娘(大山津見神<おおやまつみのかみ>の孫)。

 八岐大蛇(やまたのおろち)の生贄(いけにえ)となる直前に須佐之男命の活躍で八岐大蛇を退治し結婚。

 須佐之男命は、

「八雲立つ 出雲(いずも)八重垣(やえがき) 妻籠(つまごみ)に 八重垣作る その八重垣を」

 と歌った。

この絵馬のチカラ

家庭円満(かていえんまん)
 
家庭の中が安泰(あんたい)で幸せであること。

しあわせの近道

 かわいらしい姫君が、初めての恋にとまどい、ときめいている様子です。

 無事に2柱の神は夫婦神となり、後世までその幸せな結婚生活を感じさせます。「八雲」とは、幾重にも重なり合う雲のこと。

 結婚した相手とは、いつまでも仲よく暮らしたいもの。なにごとも相手を思いやる気持ちが大切ですが、家族になると、なかなか恋人同士のようにはいかないものです。そこで、家庭運を高めていきましょう。

 まず、氏神様に2人でお参りします。

 その後、家の中心から東南、南西、北の部分をそれぞれきれいにします。

 家の東南はご縁と人づき合いの場所。南西はそのものズバリ家庭運と奥様の運気の場所でもあります。

 北は貯蓄も意味しますが、男女仲がよくなる運もあります。

 それから、食事も家庭運にはとても大切。季節の旬のものや行事食をともにして、食べ物から運を分け与えてもらいましょう。

(本原稿は、永崎ひまる著『1日1分見るだけで願いが叶う! ふくふく開運絵馬』からの抜粋です)