ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は12日、ウクライナとの和平交渉は「行き詰まった」との認識を示し、ロシア軍は任務を終えるまで戦いを続けると表明した。プーチン氏がウクライナとの戦争について踏み込んだ発言をするのは先月以来。  プーチン氏はウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊の町、ブチャでの状況は「フェイク」だとし、その結果、和平交渉が暗礁に乗り上げたとの考えを示した。ウクライナ当局者はロシア軍が撤収した後、ブチャで民間人数百人の遺体が見つかったと話しており、ウクライナや西側の当局者は戦争犯罪の疑いがあるとして捜査を進めている。