ウクライナ国家親衛隊のアンドリー・クリシ中尉は、ロシア軍に奇襲攻撃をかけた際、カナダ軍に感謝した。  カナダ軍は昨年夏にクリシ氏の即応部隊に対し、市街戦、現場戦略、戦場医術などの訓練を施した。ウクライナ西部でのこの訓練は、近年実施されたカナダ、英国、ルーマニア、カリフォルニア州兵などによる多くの訓練の一環だった。  こうした訓練は、歩兵から国防省、議会内の監督組織に至るまで、ウクライナ軍の端から端まで網羅した北大西洋条約機構(NATO)諸国の取り組みのほんの一端にすぎない。