ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

昔楽しんだゲームの最新作を、親になっても安心して
子どもに与えてもらえる、そんなビジネスがしたい
――岩田 聡・任天堂社長インタビュー

石島照代 [ジャーナリスト]
【第35回】 2013年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage
Wii U用ソフト「Nintendo Land」に収録の「鷹丸の手裏剣道場」 (c)2013 Nintendo

――私は最近、Wii Uソフト「ニンテンドーランド」の「鷹丸の手裏剣道場」(写真)に入門中ですが、岩田さんはWii Uをどうやって楽しんでいますか?

 朝起きたらまずテレビはつけずに、Wii U ゲームパッドを手にとってMiiverse(ミーバース:Wii U用ソーシャルネットワークサービス)をのぞいて、みなさんの楽しみ方を見せていただいています。家でWii Uをプレイしていると、「いやぁ、テレビに縛られないって、こんなに便利なのか~」とか、「自分が電源入れる場所がこんな風に変わった」とか感じますね。

MiiverseはWii U用のSNSサービス (c)2013 Nintendo

――起動してすぐ見られる「わらわら広場」を見ていると、とんでもなく絵が上手な人もいますよね。5段階評定で美術が2だった私には、とてもうらやましい…。

 「世の中には絵の上手な人がこんなにたくさんいるのか!」っていうくらい、びっくりするほど上手な絵が次々と登場しますよね。ペイントツールじゃないから最低限のお絵かき機能しかないのに、どうやってこんな絵を描いたの、っていう(笑)。

 任天堂は“真っ白い紙”を用意してみんなに「何を描いてもいいですよ、ただゲームに関することにしてくださいね」とお願いしているだけなのですが、そこで、いろんな人が共感しあったり、コメントを寄せたりするので、それをエネルギーにいわゆる絵の超絶に上手い人が次々と絵を描く動機も生まれているというのが、すごく面白いですよね。

Miiverseの空気はホットなまま、
安全性を保ち続ける努力

―岩田さんは以前、DSでネットサービスを実施する際も「安心安全」にとてもこだわっていましたが、Wii Uでもその方針は変わりませんか

 変わりません。Miiverseがきちんと立ち上がるまでは、本気で書き込みは全件見ようって決めています。仮に、お客様の数が今の100倍になっても全部見続けられるかといったら、さすがに無理が出てきますが、「ここは守るべき価値のある場所」と認めていただけるようにまでなれば、今度は皆さんに助けていただけるようになると私は思っています。だから、そこまではがんばりたい。また同時に、システム面からも、工夫や改良を続けていきたいですね。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧