米政府は、国勢調査を含む連邦政府の書類で、祖先が奴隷だったかどうかを黒人に尋ねることを検討している。  バイデン政権は、政府が米国人の人種や民族を調査する方法の更新案で、米国における奴隷の子孫である黒人と、サハラ以南のアフリカやカリブ海諸国などからの移民としてやってきた人々の親族を区別する方法について、一般に意見を求めている。  国勢調査により詳細なカテゴリーを追加するという考えは、米国の一部の黒人の間で広まっている。この人々は、数十年前から大量に米国に移住し始めた黒人移民と混同されることがあまりにも多いとしている。