経営 X 人事
若手社員を辞めさせず成長させる 「適度なかまい方」マニュアル
【第23回】 2009年12月3日
著者・コラム紹介 バックナンバー
間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

ブラザー志願者は営業数字も上げる!
~アサヒビール人事担当者に聞く「かまい方」の仕掛け

 ブラザーシスターに配布される「育成ノート」を見せてもらいました。いわばブラザーシスター必携の育成マニュアルのようなものですが、これはブラザーシスター自身の成長のためのツールでもあることが興味深いところです。アサヒビール

 「育成ノート」の冒頭には12項目の「心構え」が書かれています。さまざまな指針がある中に、次のようなものがあります。

 「同じことをミスしたとしてもそれは“覚えが悪い”のではなく、“教え方が悪い”のです。新入社員の個性を見出し、教え方を変えてみてください」

 先に「育成マニュアルのようなもの」と書きましたが、訂正します。画一化された手法ではなく、マンツーマンでの育成・指導は、相手に合わせたやり方で遂行する必要があるということです。

 このことがアサヒビールのブラザーシスター制度の本質的な部分ですが、当たり前のように感じられても、なかなか実行するのは難しい。だからこそ、心構えの1項目として、育成ノートの冒頭にあえて記されているのでしょう。

 そのほか「育成ノート」には“社員の基本”(報・連・相やビジネスマナーなど)、“お客様・競合”(コミュニケーション・マナーなど)、“社内システム”(営業車の取扱いなど)という3カテゴリー、14項目にわたる「育成チェックリスト」があり、これに沿って育成プロセスを確認します。

 また、「OJT計画表」に月ごとの達成計画を記入。さらに、毎月、振り返りを行って、反省点や工夫した点を書き入れるなど、よく考えられた内容です。

人材育成の課題は
「価値観の多様化」

 西郷さんの説明の中で、もっとも感心したのは、ブラザーシスター経験者は、営業マンとして実績を挙げるハイ・パフォーマーになっている、という指摘でした。

経営 X 人事 特集TOPに戻る

関連記事

 

間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

1961年、東京都生まれ。1986年 、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業、ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド編集部に配属され、以後、記者として流通、家電、化学・医薬品、運輸サービスなどの各業界を担当。2000年 週刊ダイヤモンド副編集長。2006年 人材開発編集部副部長。著書に『だから若手が辞めていく』(ダイヤモンド社刊)

 


若手社員を辞めさせず成長させる 「適度なかまい方」マニュアル

若手社員はなぜすぐに辞めてしまうのか――。放置プレー上司が多い中、早期離職を防ぐためには、若手を「“適度に”かまう」ことが大切。部下を辞めさせることなく成長させる人材マネジメントのノウハウを伝授する。

「若手社員を辞めさせず成長させる 「適度なかまい方」マニュアル」

⇒バックナンバー一覧