ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ピザ2枚分の価値が、いまや2億円に膨張!
ネット上で密かに流通する「ビットコイン」とは?

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第242回】 2013年4月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

「第三の通貨」説 vs「バブル崩壊」説

 ベンチャーキャピタリストのなかには、歴史は、ゴールドなどのコモディティーに基づいた通貨から、政治的意図によって存在する現在の通貨へ移行したが、その先に大衆が動かすビットコインのようなバーチャル通貨があると捉える人もいる。つまり「第三の通貨」というわけだ。

 現在よく使われているネット上のクーポンやポイントなども、見方を変えれば一種の新しい通貨なわけで、これを突き詰めていけばビットコインのようなバーチャル通貨になるという考え方もある。

 現にインターネットでは、フェイスブックやアマゾンが独自の通貨を発行しているし、バーチャルワールドの「セカンドライフ」で発行された独自通貨の「リンデンドル」がもてはやされたこともあった。

 一方、シカゴ大学の調査によると、経済の専門家たちは「ビットコインは、他のユーザーも使用するだろうと信じることによって成り立ってはいるが、変動があまりに大きいため限られた有効性しか持たない」と見ている。

 ただの蒐集物(コレクション)のようなものだという見方もあるし、そのうち政府が規制に乗り出すだろうと予測する向きもある。

 何よりも、熱が冷めて人々が退却すると即時にバブルが崩壊するはずと確信する人々もいる。さらに、ビットコインは広まって定着すれば、ハイパーデフレを引き起こすという意見もある。ビットコインの価値が上がれば、同じもののビットコイン価格は下がっていくからだ。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

瀧口範子
[ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。

ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧