ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームコンテンツは文化になれないのか?
コンプガチャ騒動から1年を経た業界の現状
――ソーシャルゲーム・バブル崩壊後の展望【前編】

石島照代 [ジャーナリスト]
【第37回】 2013年6月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
7

 やはり、岩田社長にはこの件を直接聞かねばならない。そこで筆者は今年の1月、任天堂京都本社で岩田社長のインタビューを行った際、「コンプガチャをやりたいと思ったことは本当に一度もないのでしょうか?」と単刀直入に聞いた。筆者の質問が終わるのを待つことなく、「まったくないです」と言い切られた。

 岩田社長には過去10回以上インタビューしているが、こちらの質問を遮って何かを言われたのはこの時が初めてだった。その返事を聞いて、高校生の時からずっと変わらず「自分が作ったゲームで人がニコニコするのを見るのが好き」という岩田社長の信念のようなものは、コンプガチャ騒動程度ではまったく動じないのだなと思った。

 だが、岩田社長は質問の意図を見抜いていたので、一連の話が終わった後に静かにこう締めくくっている。「ただし、私が言っていることが正しいか正しくないかを決めるのは、お客様です」。

 そう、すべてを決めるのはお客なのだ。いわゆるソーシャルゲームで過消費するのをよしとするのも、個人の持続可能性を損なわない形で遊ぶことを選択することも。企業は消費者が求めるものをタイムロスなくサービスする責務を果たしているだけなのである。たとえ、その客が過消費するように、メーカーサイドに馴化されていたとしても。

 最新決算報告を見ると、ガンホーとディー・エヌ・エーをのぞき、グリーを含めた主要専業メーカーは軒並み営業利益を下げている。ソーシャルゲームの社会的受容はおろか、社会的認知も十分に進まず、また唯一のよりどころであった営業利益を低下させているのであれば、ソーシャルゲーム関連企業の今後は一体どうなるのだろうか。そこで中編では、ソーシャルゲーム関連企業の現在の状況分析も含め、業界の今後の行方を占う。

*中編はこちらです。

previous page
7
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧