では、寒い国のものは体をあたためる働きがあるのだろうか?調味料と同じく、発酵しているものは体をあたためると考えられている。紅茶やウーロン茶などが代表的だが、普通のお茶にも生姜などを加えると良いだろう。

 冷え症のタイプによって対処が変わるという見方ももちろんあるが、気をつけるべき生活習慣、食習慣は根っこのところでつながっている。そもそも、寒い時期は、無意識のうちに体をあたためるような生活をするものだ。冷たい飲み物を欲しにくくなるし、お風呂に入りたくもなるし、サラダよりは温野菜を欲するし、水分が多くて体を冷やす夏野菜よりも冬ならではの根菜がおいしく感じたりもする。香味野菜がたっぷり入った薬膳鍋のようなものが人気だったりもする。

 そのような生活をしているのに、根本的な解決が見られないのだとしたら、それはやはり日々の習慣に問題があると考えても良いのではないだろうか。冷え症は、何か体がSOSを発しているということなのだから。


◆編集部からのお知らせ◆

太り気味の男性は集中力が足りない!?
『オトコを上げる食事塾』の著者・笠井奈津子さんの新刊『気が散る男はすぐ太る』が好評発売中!

忙しいビジネスマンこそ必見の“出世に効く食事力”。頑張っている人に読んでほしい1冊です。