サッカー日本代表で孤立した中田、
孤立しなかった本田の違いとは?

 冒頭でご紹介した拙著を執筆する出発点になったのは、「今のサッカー日本代表チームだったら、中田英寿もあれほど孤立しないで済んだのではないか」という議論でした。

 サッカー好きの方ならご存知の通り、2006年のドイツワールドカップで中田選手はメンバーの中で孤立し、チームは空中分解。試合後、ピッチに倒れ込んでも手を差し伸べる日本選手が誰もいないほどでした。

 同様のことは会社組織でも起こります。力のある、個性の強すぎる人は、いろいろなことを強硬に主張し、周囲と摩擦を起こして浮いてしまい、気が付けば孤立し、排除されてしまいがちです。ただ中田選手の言動は、外から見る限り、現在の日本代表の本田圭佑選手とそれほど違いはありません。それにもかかわらず中田選手はチームで孤立し、本田選手は孤立していない。

 この違いは何でしょうか。もちろん個人のパーソナリティは大きいでしょう。ただ、それ以上に重要な違いは、個々の選手の自立(技術の高みを目指す態度)と自律(他者との関係性を踏まえた上で自己をコントロールする態度)、チームとしての目的意識の高さ、それらを統合する監督の力がそれぞれ大幅にレベルアップしていることです。

 これらが相乗効果を生んで、現在のサッカー日本代表はすでに「子どもの組織」から「大人の組織」に変わっているのではないかと私は思うのです。

 欧米の有力チームでプレーする選手が増えたことで、個々人が全体のために自己を滅私するのではなく、選手たちが自分の考えを強く主張し摩擦を生み出しながらも勝利という共通のゴールに向かって協力し、高度に活私奉公的なプレーをするということが当たり前になっています。