次男が「親父の面倒を見てくれたのだから、俺の相続分の60万円は兄貴(長男)に相続してもらいたい」と考えたとしよう。だが、住宅ローンや子供の教育費を抱え、自らもパートで働いている次男の妻や、同じような境遇にある長女は、60万円が転がり込むチャンスを前にして、相続放棄にすんなり同意してくれるだろうか。

 亡父や長男が、「家を継ぐ」意味を重視し過ぎたり、「嫁に出た」長女を軽視し過ぎたりせず、生前から3兄弟および配偶者が納得のいく形の相続について話し合い程度でもしていれば、“争族”の火はつきにくくなるはずだ。

親の生前に
兄弟の意思疎通を図る

 最近では遺言の大切さが広く知られ、特に、兄弟姉妹の仲が悪い場合、親が遺言書を遺(のこ)すケースが増えている。だが、今見た例のように兄弟姉妹が円満な場合でも、遺言書はあった方がいい。

Illustration by tadayuki sakakibara

 その際に重要なのは、プロの手を借りて、きちんとした内容・形式の遺言書を作ることだ。自筆証書遺言では後から異議を申し立てられやすいし、公正証書遺言でも「不動産の3/5を長男に、2/5を次男に」とだけ指定して、分割が面積ベースなのか評価額ベースなのかが曖昧だったりすると、むしろ争いの種になる。

 他にも兄弟姉妹による相続を難しくする“今どき”な要因は数多い。①兄弟姉妹の中に親の世話をしていない人がいる、②兄弟姉妹の中に親より早く亡くなっている人がいて、その兄弟に子供がいる、③兄弟姉妹の中に、海外に渡るなどして音信不通の人がいる──など実に多種多様だ。

 いざ相続となれば、音信不通・在所不明でも、他の兄弟姉妹と同じだけの遺産を受け取る権利を持つ。親が亡くなってから慌てて居所を確認するだけでも時間と手間が掛かる。

 親が老齢になったら、兄弟姉妹全員が連絡を取り合い、相続について意思を確認しておくくらいのことは最低限、やっておきたい。