1996年度から不登校や引きこもり者を支援し、電話相談を続けている「ひょうごユースケアネット推進会議」座長の小林剛・武庫川女子大学名誉教授は、こう挨拶した。

「みなさんの膨大な情報に圧倒されています。引きこもり者がどう生きていくかという生き方を追求する中から生まれた、この大学の発想は、大変興味深い。引きこもり者の願いや夢、ニーズから、こうした試みは限りなく広い学部や学科ができて深められていくことで、潜在的な1人1人の能力が生かされる。また、親が高齢化して、お金の問題を抜きには語れなくなった。今日のお話にあったオンラインの収入は、経済的な支えになり、喜びを得ることになる。その喜びは、間違いなく心の健康にもつながっていく。ひきこもり大学のような試みが、どんどん広まって、引きこもり者に勇気と元気をもたらしてほしい」

 また、この日、見学に来ていた兵庫県企画県民部県民文化局青少年課の担当者は、「生で当事者、支援者ならではのアイデアを聞かせていただいて、貴重な経験をさせていただいた」と感想を明かしたうえで、県の新たな取り組みについて、こう紹介する。

「最近の傾向として、40代、50代の方からの電話相談が増えてきています。引きこもりの方が高年齢化、長期化している。また、相談窓口がわかりにくいという声も聞くので、4月下旬から、引きこもり相談支援センターを開設することになりました。

 ハコモノをつくるのではなく、精神保健、発達障害、就労、生活保護の関係から福祉事務所にも入ってもらって、いろんな部署がネットワークを組めるような形を考えています。また、とりあえず県内5ヵ所に、支援団体や親の会などが運営される地域ブランチを置いて、こういう居場所的な話し合いのスペースを考えているところで、いま公募しているところです」

 行政の「引きこもり」支援のあり方も、長期化・高年齢化、生活困窮化の流れの中で、福祉部門などと連携してすべての年齢に対応できるよう、これから大きく変わろうとしている。

※この記事や引きこもり問題に関する情報や感想をお持ちの方、また、「こういうきっかけが欲しい」「こういう情報を知りたい」「こんなことを取材してほしい」といったリクエストがあれば、下記までお寄せください。
teamikegami@gmail.com(送信の際は「@」を半角の「@」に変換してお送りください)

☆―告知―☆

※池上正樹 新刊のご案内※
 ひきこもり歴12年の40代男性と向き合ってきた3年間の記録。
『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)
9月19日発売 価格780円(税別)

●池上正樹 個人コラム『僕の細道』は
こちら

●フューチャーセッション「庵 -IORI-」も次回で10回目、4月6日(日)に開催します。
今回も最近の話題提供などをさせいただき、その後グループに分かれてフューチャーセッションを行います。 未来思考で「ひきこもり」について語り合いましょう。
※タイムスケジュール(予定)
 13:00~ 受付
 13:30~ IORIの説明
 13:35~ 話題提供
・最近のひきこもり界隈の話(池上正樹さん、加藤順子さん)など
 14:00~ テーマの説明、テーマごとに対話
 16:00~ フリータイム
 16:45~ 片付け
 17:00  撤収
※ テーマ予定
・家族の話
・お金の話
・雑談が苦手な人のファシリテーション
・IORIについて(IORI初参加の方など)
・フリーコーナー
※日時
 2014年4月6日(日) 13:30~16:45(受付 13:00~)
※会場
目黒区菅刈住区センター 1階 第5・6会議室。板敷ですが、靴を脱いで利用する会場となります
 東京都目黒区青葉台2-10-18
 東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅から徒歩12分
  地図:https://maps.google.co.jp/maps?q=35.6498%2C139.6958
最寄駅が中目黒と12月と同じ駅ですが、会場が異なりますのでご注意ください。
※参加費 お気持ちで
※定員 約40名
※今回は全体の懇親会は無しとさせていただきます。会場や中目黒駅周辺は桜の名所となっており、お店が非常に混雑することが予想されます。30名ほどが入れるお店が事前に予約できないため、残念ながら全体の懇親会は実施しないことにさせていただきます。
 会場のすぐ隣の「西郷山公園」や、中目黒駅までの目黒川はとても桜がきれいなので、それぞれお花見などお楽しみいただけたらと思います。
※『学生団体One'sLife』が当日のお手伝いをしています。
 ぜひ学生さんたちの活動に「いいね!」してあげて下さい^^
 ⇒学生団体One'sLife: https://www.facebook.com/oneslife219
※ IORIはドタキャン・ドタ参・遅刻、早退に居眠りOKです。
 参加申し込みは必須ではありません。お気軽にどうぞ!

●「ひきこもり大学」に関するお問い合わせが多いので、フォームをつくりました。
 話をしてみたい、話を聞いてみたい、アイデアを提供したい…など、こちらからお願いします。
http://katoyori.blogspot.jp/2013/09/hikikomoridaigakuform.html

●経済的問題を抱えた当事者の会合についても、引き続き参加者を募集しています。呼びかけ人の意向に沿って、参加希望者が集まりましたら、日時を協議して非公開で開催する予定です。よろしくお願い致します。

申し込み、お問い合わせ:下記アドレスへ
teamikegami@gmail.com(送信の際は「@」を半角の「@」に変換してお送りください)