男のスメルマネジメント
出世する男の薬膳デオドラント 池田陽子
【最終回】 2014年7月28日
著者・コラム紹介 バックナンバー
池田陽子 [食文化ジャーナリスト/薬膳アテンダント]

男は40歳から転がり落ちるように老けていく!
老化とオヤジ臭が止まらない「腎が弱い人」の特徴

 また、腎は骨や歯との関係が深く、腎の働きが悪くなると骨が折れやすくなったり、歯が弱くなりがちです。

 髪にも腎の状況が現れやすく、若白髪の人はもともと腎が弱い傾向があるので要注意。

「厄年」は恐怖のオヤジ臭到来イヤー

 また、中医学では古来、男性の身体は8歳周期で変化するといわれています。

 生殖能力を備えるのが8の倍数の16歳。24歳で男性としての身体ができあがり、4倍の32歳で男性としての身体が最も充実した時期を迎えます。しかし、40歳からは腎は一気に衰えはじめ、48歳にあると栄養が行き渡らず顔にシワがより、白髪が増え、56歳で生殖力が欠乏し、さらに老化が進みます。

 ようは「40歳からは転がり落ちるように8年ごとに枯れていく」! まさに「厄年」は、恐怖の「オヤジ臭到来イヤー」なのです。よって、男性は30代後半からは積極的にオヤジ臭対策をはじめることをお勧めします。

腎のパワーをアップする食材で
オヤジ臭を撃退、老化もストップ!

 オヤジ臭対策には、しっかり腎のパワーをアップする食材を取り入れることが大切です。枯れたニオイを消す食養生は老化をストップ、若返りにもつながります!

■えび

 腎を丈夫にするとともに人間のエネルギー源である“気”をすみやかに補い、スタミナをアップ。精力減退、精力増強にも役立ち、ニオイばかりかいろんな意味で男の味方シーフード。足腰の冷えにもおすすめです。

【コンビニ/外食】えびチリ、えびピラフ、えびグラタン、えびシューマイ、桜えびの炊き込みご飯
【居酒屋】えびマヨ


SPECIAL TOPICS

池田陽子[食文化ジャーナリスト/薬膳アテンダント]

宮崎生まれ、大阪育ちのアラフォー。立教大学卒業後、出版社にて女性誌、ムック、機内誌などの編集を手がける。取材を通して、カラダとココロの不調は食事で改善できるのでは?という関心から国立北京中医薬大学日本校に入学し、国際中医薬膳師資格取得。自身の体調の改善、美容効果などをふまえてふだんの暮らしの中で手軽に取り入れられる薬膳の提案や、漢方の知恵をいかしたアドバイスを、執筆、講習会などを通して行う。また、日本各地の食材を薬膳的観点から紹介する活動も積極的に取り組み、食材の新たな魅力を提案、発信を続け、食文化ジャーナリストとしての執筆活動も行っている。著書に「ゆる薬膳。」(日本文芸社)「缶詰deゆる薬膳。」(宝島社)、「『ゆる薬膳。』はじめたらするっと5kgヤセました!」(青春出版社)などがある。
■HP:www.yuruyakuzen.com
■Facebook:https://www.facebook.com/yoko.ikeda.79

また、鯖をこよなく愛し、日本全国・世界のさば、さば料理、さば缶を楽しみ、さば文化を語り、さばカルチャーを発信し、さばで日本各地との交流をはかることを趣旨に活動している「全さば連」(全日本さば連合会)にて外交担当「サバジェンヌ」としても活動中。
■全さば連HP:http://all38.com
■FACEBOOKページ:http://www.facebook.com/mackerel.cava  

 


出世する男の薬膳デオドラント 池田陽子

これからますます蒸し暑くなり、体臭が気になる季節を迎えます。そこで提案したいのが、薬膳の考え方を取り入れた体臭撃退術「薬膳デオドラント」です。薬膳というと「生薬を使った難しい料理」と思われがちですが、そんなことはありません。生薬は不要です。ランチでも居酒屋でも賢く食材を意識してチョイスすれば大丈夫。忙しいビジネスパーソンでも実践できるゆる~い「薬膳デオドラント」をご紹介します。

「出世する男の薬膳デオドラント 池田陽子」

⇒バックナンバー一覧