ここでNSVの創業者の二人を簡単に紹介しておこう。リチャード・メルモン氏と校條(めんじょう)浩氏だ。(リチャード・メルモン氏インタビュー記事:シリコンバレーにある“育む構造”が世界中の人とカネと知恵を引き寄せる

 メルモン氏はインテルなどを経て、1982年に世界一のゲームソフト会社となったエレクトロニックアーツを共同創業。世界一のベンチャーキャピタルと言われるセコイヤキャピタルは、同社に出資して大成功したことが、その後の成長につながったと言われている。95年には「シリコンバレーを創った25人」のうちの一人であるレジス・マッケンナのコンサルティング会社、The McKenna Groupに入社して、校條氏とともにコンサルタントとして活躍。その後2002年にNSVを共同創業している。

 校條氏は小西六写真工業(現コニカミノルタ)でエンジニアとして活躍した後、マサチューセッツ工科大学に留学。その後ボストン・コンサルティング・グループなどを経て、1991年にシリコンバレーに移住。94年にThe McKenna Groupに入社してコンサルタントとして活躍した。

アナリストによる
独自評価が一目瞭然

Venture Scannerを少しだけお見せしたい。【新連載・第1回】<br />シリコンバレーで知らない人はいない <br />元アップル幹部がつくった「Nest」

 アナリストはそれぞれ担当の業種がある。「Connected Transportation」、「Internet Of Things (IOT)」、「Future of TV」、「Marketing Automation」、「Digital Health」、「Financial Technology」、「Bitcoin」、「Retail Online to Offline」、「3D Printing」の9つ。そして各業種でさらにカテゴリーが分かれており、「Connected Transportation」は15カテゴリー、「Internet Of Things(IOT)」は14カテゴリーに分かれている。

 第一の特徴は、掲載されている個別の企業がベンチャーキャピタルなどの投資家から、いくら資金調達をしているかが一目でわかるところだ。金額はAngelListやCrunchBaseなどの外部データベースと連携したり、公開された情報を基にしている。