IoTがビジネスを変える!|ダイヤモンド・オンライン
ビジネスモデルの破壊者たち
【第327回】 2015年1月7日
著者・コラム紹介 バックナンバー
瀧口範子 [ジャーナリスト]

今年の「CESイノベーション賞」は
IoT時代のセンサー内蔵機器が花盛り

「カギ」がネットにつながると…

スマホでコントロールできる南京錠「ノーク(Noke)」(「CESイノベーションアウォード」のサイトより)

 スマートホーム関連にも興味深い製品がある。

 フューズデザインは、スマートフォンから操作できるパッドロック(南京錠)「ノーク」を開発。ドアロックや自転車用のロックはスマートホーム、IoT関連の人気カテゴリーで、これもその1つだ。このパッドロックはロッカー、ガレージ、ドア、自転車などのいろいろなものに使え、また家族や仲間とアクセスを共有することもできる。

 中国のゼングリッドの「スナップ」は、LEDライトにカメラやマイクロフォン、スピーカーが統合されたホームセキュリティー製品。個人宅や商店で侵入者を感知して、屋内屋外の様子をクラウドで録画する。

 先端技術がいよいよ一般人の手に入る製品になったという例も見られる。

 イギリスのフュール3Dのスキャナーは、オブジェを手に持ったスキャナーで3Dデータに変換できるもの。高品質の3Dデータと色がキャプチャーでき、その後データを多様な方法で操作可能にする。825ポンド(約15万円)とまだ価格は高いが、プロ用の道具としては手頃になったと言える。同社の3Dスキャン技術は、医療現場で傷口の計測にも使われている。

 クアルコムの「Wiパワー」は、ラジオ波を利用したワイヤレス充電技術。平らなパネルの上にデバイスを置くだけで充電される。デバイスだけでなく、車両などにも応用可能という。同社は、ワイヤレス充電技術のスタンダード化にも積極的に動いている。

 デンマークのアイトライブの「アイトラッカー」は、視線トラッキング技術を細長くスマートなデバイスにまとめた。価格もたった99ドルだ。アイトラッキングがあれば、コンピュータゲームの操作はもちろんのこと、電子書籍のページ繰りやウェブサイトのスクロールなどが、視線だけで行えるようになる。料理中などで両手が塞がっていてもレシピのビデオを操作できるなど、便利な用途がいくつも想像できる製品だ。

 ここに挙げた以外にも、新型のヘッドフォンやイヤホン、テレビスクリーンなど、従来型の製品にも新しいエンジニアリングの工夫が見られる。イノベーション賞は、技術が着々と便利に進歩していることを実感させるものである。

  • 1
  • 2

SPECIAL TOPICS

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧