日本の大企業に背を向ける
エリートエンジニア

 海外就職を目指すのは、非正規労働者にとどまらない。

 ソフトウエアエンジニアの宮本宏二郎さん(40歳)が海外就職に踏み切ったのは3年前だ。12年間勤めた大手電機メーカーを退職したきっかけは、米国シリコンバレーへの赴任だった。

 「このまま日本の大企業にいたら、全然使えない人間になるぞ……」

 愕然としたのも無理はない。赴任先で立ち上げたチームのボスから、彼は“下っ端”として働くことを言い渡されたのだ。宮本さんのエンジニアとしての能力を、ボスは認めなかったのである。

  ソフトウェア業界は典型的な重層下請構造だ。彼が勤務していた東京本社でも、仕事の80%は下請けに丸投げしていた。仕様書の作成まで外注任せで、実務を行う社内エンジニアも契約社員というのが実態。開発部門とはいっても、自分の頭や手を使って働けるチャンスは少なかった。

 「評価も、スキルや実績ではなく残業時間数で決まるようなところがありました。“頑張っている自分”をうまく上司にアピールできるかどうかが肝心だった」

 とはいえ、“残業”の中身は、下請けからの連絡や納品をひたすら待つことだったりするのだが――。こんな仕事ぶりでは、スキルを磨くのは難しい。

 「一方、シリコンバレーでは、エンジニアはスキルがすべて。いかにすばやく結果を出すかがアピールポイントです。残業するのは能力が低い証拠にほかならず、夜は家族とディナーを楽しむのがあたりまえ。外注に出すなどもってのほかでした」(宮本さん)

 日本の年功序列システムにも疑問が募った。米国人のボスは毎週金曜日、勉強のために会社を休む。的確な判断を下すためには、最新技術の知識が不可欠だからだ。ところが、日本の上司たちは技術の勉強など若手に任せておけばいいと思っている。当然、現場のことは何もわからず、具体的な指示はまったくできない。

 それでも彼らは自分のポジションを維持している。そのために生じる時間やコストの無駄を思うと、暗澹たる気持ちになった、と宮本さんは振り返る。