■教授・先生へのお礼

「教授推薦で企業から内定を頂いた場合、入社後は教授とどの程度のお付き合いをすればいいものなのでしょうか。内定を頂いた時点で心を込めて感謝の意を示すとともに何か贈り物をし、入社後は『一生懸命に働き、自分の力を発揮することが教授への恩返し』と考え、特に何もしないというのは社会人として非常識でしょうか」

「先週内定が出まして、教授に連絡したところ、教授が一緒に会社に挨拶に行くと言ってくださいました。そこまでしていただく教授に対してお礼をどのようにするか悩んでおります。母親はお金でも包んだほうがいいと言っています。私は何か菓子折りなどでいいのではないかと思っているのですが。このような場合、教授へのお礼はどのようにすればいいものなんでしょうか?」

■知り合い・紹介者へのお礼

「コネで内定を頂いたときのお礼はどのようにすればよいのでしょうか?紹介者の方に(1)お礼の電話(2)お礼状(3)会社に訪問し、直接お礼を言う。このような感じで大丈夫でしょうか?」

「この度、両親の知り合いの方からお口添えいただき、紹介者の会社に正式に内定を頂きました。お礼状などは既に出してありますが、(中略)食事の席で手土産などは持っていったほうがいいのでしょうか?」

■OB・OGへのお礼

「OB訪問をした先輩に、他社の内定を貰ったので、選考を辞退する旨の手紙・電話の報告をしたいと思うのですが、どう言えば失礼に当たらないでしょうか。(中略)お礼も言いたいと思うのですが」

「新卒採用の最終面接前にOB訪問をし、無事に内定をいただきました。そこで、OBの方に電話でお礼をし、OBの方の連絡先を取り繕ってくださったご両親にもお礼を贈ろうと思うのですが、(中略)社会常識として、商品券を贈ることは普通なのでしょうか?」

 教授・先生、知り合い・紹介者、OB・OGといった内定取得に大いにお世話になった方へのお礼は、お礼状だけではなんとなく心苦しい…。ではどうしたらいいのか、といった感情が汲み取れる内容になっています。

 お礼をする人、される人の思いはさまざまです。お礼をする場合は、相手がどんな方なのか、今後のおつきあいも考えると、どういったお礼をすれば問題がないのか。相手を良く知る知り合いや身近な社会人の家族に聞いてみて判断するのも1つの方法かもしれません。いずれにしても、お礼をする本人が納得できるお礼ができればよいのではないでしょうか?