出しゃばり過ぎる上司は嫌われる
部下にとって心地よい距離感を

 みなさんの上司は、どんなマネジメントをしますか?あるいはあなたが上司なら、どんなマネジメントをしていますか?当然ながら上司にも様々なタイプがいて、好感を持てる上司もいれば、「ちょっと苦手だな」と思う上司もいます。

 エン転職が行った「上司」についてのアンケート調査のなかで、「上司のどんな点を尊敬しています(ました)か」を尋ねた質問の結果を見ると、「相談できる雰囲気がある」という人が20代女性を中心に多いことがわかりました。どうやら部下たちは、上司に親しみやすさを求める傾向があるようです。

 だからと言って、「相談にのるよ」と出しゃばり過ぎる上司は、余計なお世話が過ぎると苦手な存在になってしまう可能性が大。前職(国内系)でのSさんのマネジメントは出しゃばるスタイル。このやり方が前職では上手くいっていたので、すべての職場で通用すると思ってしまったようです。部下の信頼を得るためには出しゃばり過ぎず、あくまで、

「何かあったら相談してくれていいから」「大丈夫だよ」「支援するよ」

 と声をかけて待つ。そして、部下から悩みや相談しやすい雰囲気をつくる。このくらいの距離感が部下にとって心地よい、信頼関係を構築しやすいマネジメントのようです。

 では、Sさんはこれからどうしたらいいのでしょうか。360度評価で気づいた課題を改善して適切な距離でマネジメントに取り組めば、これからでも信頼を得ることは十分に可能です。新たな取り組みで活躍することを期待したいですね。