経営 X 人事

なぜソフトバンクの社内講師は
自信をもって教えることができるのか

私たちの
人材開発に対する思いとは

 私たちは今後、さらに人材開発の枠組みや研修の内製化を利用して、社員同士のネットワークをより強固なものにできたらと思っています。

社員同士の新しい出会い、つながりの場を創出することは、互いの刺激になり、社員個々人の成長につながると信じているからです。

 人材育成の基本は、社内の人間が社内の人間に教え、伝えることだと思います。社員が持つ経験やノウハウに価値を置き、本気で取り組む覚悟が何より大切だと思っています。

 教育を単に外部に発注するのではなく、内製化すべき部分はどこなのかを真剣に考え抜くことが大切です。

 その結果、内製する部分と外部に出して協力を仰ぐ部分の線引きが明確に見えてきます。

 外に出ていくコストを、社内にしっかり投資することで、社内にノウハウがたまり、知恵や知識を互いに共有しあう土壌が築かれていきます。

 私は、これこそが、社員の才能を活かしあう人材育成のあるべき姿だと信じています。

 そして、もう一つ、忘れてはいけないことは、人材開発それ自体が、事業への貢献につながっていなくてはならないということです。だからこそ、事業のことがよくわかっており、その経験やノウハウがある者から学ぶということは必要で欠かすことのできない要素だと思うのです。

 研修という場自体がよりプラットフォームのように機能し、そこからプロジェクトが生まれたり、事業アイデアが出され具体化していくようなことになることが理想形であると思っています。

 単なる研修に終わらない、事業へ貢献する人材育成、そして、現場感を忘れない人材育成をこれからも考えていきたいと思います。

 ソフトバンクの研修内製化は、300年続く事業に貢献し続けていくものと信じています。

経営 X 人事 特集TOPに戻る

 

島村公俊

ソフトバンク株式会社人事本部人材開発部 ソフトバンクユニバーシティ立ち上げ時の研修内製化に従事。現在、社内認定講師(ICI)制度の企画、運営に携わり、100名を超える社内講師陣の育成も担当する。 2013年アジア初のPike's Peak Award、 2014年HRチャレンジ大賞人材育成部門優秀賞を受賞。 外部講演では、研修開発ラボ、慶應丸の内シティキャンパス、HRサミット、HRカンファレンス、東京都教育庁、早稲田大学など多数実施。最近は、教職員向け、大学生、高校生向けの講演会、ワークショップも実施している。社内外含め、累計登壇回数800回以上、受講者数1万8千人以上の登壇実績。

 


ソフトバンク流「研修内製化」の真実

企業の人事部門では今、「研修の内製化」がひとつのキーワードになっている。どちらかといえばそれは、教育コストの削減という経営の要請が発火点になっているが、一方では内製化をポジティブにとらえ、成果を上げている企業もある。5年ほど前から研修の内製化に取り組み、現在では100名を超える社内講師を抱えるソフトバンクは、その代表的な企業と言える。内製化を成功に導き、成果を上げる秘訣について、ソフトバンク人材開発部の島村公俊氏に語ってもらった。

「ソフトバンク流「研修内製化」の真実」

⇒バックナンバー一覧