市場評価、収益性、効率性、公共性
頭取の実力を測る4テーマ全7指標

 今回の「頭取ランキング」では四つの観点から全7指標で頭取・社長を総合評価した。具体的な指標は以下の通りだ(詳細は本誌35ページの「頭取ランキングの作成と見方」参照)。

【市場評価】
①1株当たり総利回り
 トップ在任期間中の株価上昇度に加えて、配当性向まで評価する指標。

【収益性】
②実質コア業務純益・実数
③同・年平均改善率
 株や国債の売買損益に左右されない、銀行の本質的な総合収益力を表す指標。
④貸出金利回り・年平均改善度

 本業である融資業務の収益力を評価する指標。金利低下局面で踏みとどまれているほど、銀行のビジネスモデルや営業力、顧客との信頼関係構築能力の高さを示すと判断し、高評価とした。

【効率性】
⑤経費率・実数
⑥同・年平均改善度

 経営効率を示す指標。収入が伸びなかった場合でもできる経営努力を評価するために採用した。

【公共性】
⑦中小企業等貸出金残高・年平均増加率
 銀行の社会的役割である資金供給機能の発揮を評価する指標。

 以上の7指標を偏差値化し、各頭取・社長の在任期間の差による不公平感をなくした上で、総合ランキングを作成した。トップ在任中の改善度のみで評価をすると、規模が大きい銀行にとって過度に不利になるため、実数の指標を加えることで規模の大きさを評価し、バランスを取っている。

 また、銀行評価で一般的な「財務健全性」については今回、評価指標にすることを見送った。現在の銀行経営の課題は「BS(貸借対照表)ではなくPL(損益計算書)の改善が最大の課題」(地銀幹部)となっているためだ。