ハンバーグ、ブルーベリー、アワビ…
「こんにゃく」で作れないものはない!?

北毛久呂保(くろほ)社長の兵藤武志さん。数限りないこんにゃく商品にチャレンジ中

 厳選された素材と赤城山麓のおいしい水を使ったこだわりのこんにゃくを作り続ける一方、多彩なこんにゃく商品開発に力を入れている。

「私で2代目になりますが、30年前に入社したころから、こんにゃくの売り上げは下降気味でした。そこで付加価値のある自社ブランド商品をいろいろと開発しはじめたんです」

 そう語る社長の兵藤武志さんが目の前に次々と、並べた商品は目を疑うばかりだった。

 豆腐、焼きそば、ハンバーグ、わらびもち、ジャーキー。

 当然、すべて「こんにゃく製品」である。

北毛久呂保「ヘルシーハンバーグ」、「こんにゃく焼きそば」「カミカミこんにゃくスパイシービーフ味」「カミカミこんにゃくブラックペッパー味」。カミカミこんにゃくは、都内の群馬県アンテナショップでも大人気

 豆腐をこんにゃくで固めた「豆腐こんにゃく」は、もちろん白く、ふんわりやわらか。なのにシコシコ食感。きな粉をかけて食べる「わらびもち風こんにゃく」は、もちもちして、とろける舌触り。こちらは某高級ホテルでも採用されているという。

 これは、同社が培ってきたこんにゃくの製造ノウハウに、米粉やでんぷんをうまく配合して開発した新素材の使用によるもの。通常であれば一度凝固させたこんにゃくは加熱すると硬くなるが、この素材は熱を加えても、やわらかさの保持が可能。さらに、凝固後にも容易に味が付けられるのだという。

「こんにゃく焼きそば」は、スパイシーでボリューム満点で、腹持ちバツグン。前橋市内の「福州飯店」でも提供中

「こんにゃく焼きそば」は、どこからどう見ても「焼きそば」だ。黄色い縮れ麺は中華麺そのもの。ただし麺だと思って食べると、まるで別モノだが、「こんにゃく麺」用に前橋市内の中国料理のシェフに特別に開発してもらったという本格ソースが、しっかり麺にからんでこれはこれで十分おいしい。「冷めてもおいしいんですよ」と兵藤さん。

「なにせ、のびませんからね、こんにゃくだから」