あなたの上司は大丈夫か!?
典型的な「ダメ上司」の4パターン

①一流のディ・モチベーター(モチベーションを下げる人)
 上司の役割の最も重要なものの一つは、部下の「モチベーター」だ。部下と、仕事の意義、ゴール、ビジョンを共有し、目標に向かって一緒になってがんばっていく。部下の頑張りや貢献をきちんと評価し、チャレンジを奨励する。自分が評価されている、認知されていると思えば、やる気は出てくるものである。そういった環境を作ってあげるのがモチベーターとしての上司の仕事だ。

 しかし、それとは正反対の「ディ・モチベーター」の上司がいる。部下のやることに建設的な批判ではなく、文句やいちゃもんばかりつける、特定のお気にいり部下をえこひいきする、できる見込みよりできない理由ばかり言う、責任を部下に押し付けて自分は逃げる。そのくせ自分は部下よりも仕事ができない。にもかかわらず、自分は仕事ができると思っている。

②指導しない
 まだ仕事に不慣れな社員に、経験させる意味で、多少きつめの仕事を与える上司がいる。そういった上司は「良い上司」か「ダメ上司」かのどちらかだ。良い上司は、部下の能力を伸ばし、経験を将来に活かせるようなケアをし、フォローをする。そして何より、部下が仮に失敗しても自分が責任をとる覚悟を持っている。

 ダメ上司は、部下の仕事プロセスを見ないで結果のみを見る。うまくいっているときはいいが、うまくいかないときは、その原因分析ではなく、叱責が先にくる。そして失敗をすべて部下のせいにする。部下の能力を伸ばそうという考えは全くないくせに、方便として「お前にもいい経験になる」といったセリフを言う。

③無関心
 部下のことを見ていない。仕事ぶりについて何のフィードバックもしない。自分の仕事はやるが、部下に手本を見せるでもない。部下が仕事で困っていると、自分でやってしまう。仕事は終わるが、仕事を通して部下を育てる気はない。つまりは部下に無関心なのだ。

④アンフェア
 部下や同僚、そして上司との関係を、損得勘定でばかり考える。結果として、自分に媚びてくる部下をひいきしたり、上司に振り回されて、部下への指示がコロコロ変わる。人間関係を損得で考えるので、付き合って得になる相手には親身になるが、そうなるかどうかわからない人には冷たい。したがって、新入社員や役職のない一般社員には非常に厳しい。

 これらの上司に共通する事項は「実力以上に威張りたい」という権力への欲望だ。人間のあらゆる欲望の源泉はリビドー(原初的性欲)であると説いたのは、精神分析学の祖、ジークムント・フロイトだが、一方で、アルフレッド・アドラーは、「共同体感覚」と「力と優越への努力」のせめぎあいを鍵とする。この2つは誰しも持っているものであるが、人によってどちらを重視するかが違う。