ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

2016年のテクノロジートレンドを展望する

――人間とモノ、仮想とリアルのボーダレス化が加速する

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第372回】 2016年1月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2

6.いろいろなデバイスがメッシュする
 キッチン計量器とタブレット、オフィスの照明や玄関のドアとスマートフォンなど、生活や環境の中にあるモノとデジタルデバイスが連携して、便利な機能性を高めていく。モノ同士がつながって、人間ユーザーにとってはいろいろなことが自動化される。

7.ロボットがたくさん

UBICが開発中のAIロボット「Kibiro」

 家事を全部やってくれるような全能ロボットはまだ来ないが、ちょっとしたことを任せられる大小のロボットがたくさん考案されるだろう。体内に入って手術を行う極小ロボット、自分たちで組み立てられるモジュール型ロボット、店頭で客を迎えるロボットなど、ロボットに出会うことが珍しくなくなる。

8.サイバーセキュリティの新たな時代
 IoTをはじめとして、さまざまなものがネットにつながった時代だというのに、セキュリは追いついていない。その間隙を縫った新たなサイバークライムが増加し、セキュリティにとって深刻な挑戦を強いることに。

9.マーケティングにとっても新しいプラットフォームがいくつも
 上記したVRやAR、そして新しいIoT、ビーコン、マイクロ位置情報技術などの発達で、新しいマーケティングや広告の地平が開ける。

10.既存型企業に挑むスタートアップの増加
 フィンテック、エドテック、ヘルステックなど、新たなデバイスとソフトウェア技術を組み合わせた便利な機能がスタートアップによって無数に生み出されている。あらゆる事業の領域で、既存企業は、すでに高いシェアを確保していたとしても、自衛手段を講じなければ生き残っていけない時代になるだろう。

previous page
2
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

瀧口範子
[ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。

ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧