早慶逆転現象が起きた原因の一つには、早稲田大学の側が、AOや推薦による入学者、系列高校からの内部進学者を増やしすぎて学生の質にばらつきができ、企業側から見た人材のブランド価値を損なった敵失によるものではないかと思われる面もあるが、大学を選ぶ生徒や生徒の親が、慶應大学のネットワークが就職や就職以外の局面でもビジネスに有利であると意識するようになったことがあるように思う。

 客観的に見て、三田会を含めた慶應出身者の人的ネットワークは、個々の卒業生にとっても、学校自身にとっても、慶應を選ぶ「価値」の一部をなしているように思える。

 ところで、なぜ、慶應のOBネットワークが「最強」なのだろうか。詳しくは、「週刊ダイヤモンド」の特集を見て、読者に考えていただくとして、筆者は、次の点に思い至った。

 まず、慶應大学には、元々ビジネス界に入る卒業生が多く、同時に卒業生の学力がまずまず優秀であって、出世している人が多いことのアドバンテージがあった。人数的に慶應大学よりも規模の大きな大学は他にもあるが、有力なポジションに就いているOBが多いか否かは、人的ネットワークの価値に直結する。

 他方、一橋大学は、卒業生の学力において慶應大学と概ね同クラスと見ていいように思えるし、同大OBの組織である「如水会」を通じて卒業生同士の結びつきが強固であるようにも見受けられるが、学校の人数的規模が慶應よりも小さいので、OBネットワークの総合的影響力にあっては、慶應に一歩譲る印象を持つ(それにしても、特集記事に見る、三田会の組織のされ方と、運営方法は、何とも周到にできていて、素直に「凄い!」)。

 慶應大学のOBネットワークは長年価値を蓄えてきたし、現在は、ネットワーク自身のメリットがその価値の向上に貢献する好循環に入っているように思われる。