ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

PS3の反転攻勢が始まる!?
4年越しの年末商戦に賭けるソニー

石島照代 [ジャーナリスト]
【第6回】 2010年10月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 そして、やはりトルネを愛用する、ソニー・コンピューターエンタテインメントJAPANスタジオ制作部エグゼグティブプロデューサー、池尻大作氏は、トルネの主な魅力を4つ挙げてくれた。

(1) PS3ユーザーなら、地デジ対策が9980円ですむ

 「トルネがあればPS3を繋げているテレビがアナログだったとしても、地デジテレビに変貌します。 テレビを買い換えなくていいし、PS3ユーザーなら安くすむ地デジ対策と言えるでしょう。 ただ、PS3の高画質をフルに楽しむのであれば、テレビは<ブラビア>などの高画質テレビをおすすめします」

(2)機械が苦手な人でも、操作が快適

 「地デジレコーダーといえば操作が複雑で難しい代物と思われがちですが、トルネは簡単かつ気持ちよく操作ができるんですよ。私が伺っている範囲では『使いづらい』というお声はほとんどいただいていません。私もずっと物作りをやっていますが、こういう状況は珍しいですね」

(3)外付けHDD(ハードディスク)を、USBでつないで使える

 「トルネの場合、基本はPS3の内臓HDDで録画し、容量が減ってきたら市販の外付けHDDを買い足せば簡単に増設可能です。最近は1テラなどの大容量HDDもだいぶ安くなったので、気軽に試せると思います」

(4)録画した番組を、PSPに持ち出せる

 これは、前述の「PS3とPSPは車の両輪の関係」という、PS3との連携例のひとつ。「携帯電話でテレビを見るのもいいですが、PSPの画面で見るのもなかなか良いと思いますよ。私も通勤途中に見ていますけど、やっぱり画面が大きくていいなあと思います。PSPで見るために調整されたエンコードですので、画質も非常にクリアです。 アニメ、実写、CGなどいずれも綺麗に見えるのでPSPでの視聴はぜひ試して頂きたいです」

 他にも、人気番組が一目でわかる「トルミル機能」や、PSPでトルネを遠隔操作して他の部屋でも地デジを楽しめる「リモートプレイ」などのユニークな機能があるという。ちなみに、池尻さんのお宅はケーブルテレビだが、 アンテナ線を分配させて使っているそうだ。このように、DVD再生機能が支持されたPS2の時と同じように、ゲームユーザー以外の人も取り込める有効な施策となっており、結果的にPS3ビジネス環境の改善に役立っていると言える。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧