【第8回】 2010年1月12日 見山謙一郎 :立教大学AIIC特任准教授/フィールド・デザイン・ネットワークス代表

COP15で明らかになった、
国際交渉「全会一致」の限界

――最大公約数から、最小公倍数で「事実」を積み上げていく時代へ

有料会員になると記事の印刷機能がご利用いただけます。
詳細はこちら