ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

今度は厚生年金の積立金で尻拭い!
姑息な国庫負担率引き上げの財源措置

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第82回】 2010年8月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 連載の79回等で述べたように、基礎年金に対する国庫負担率は、従来の3分の1から2分の1に引き上げられた。以下では、これまでの経緯と、その意味するところについて述べよう。また、これに対する財源対策について論じることとする。

 まず経緯を見ると、国庫負担率の引き上げは、2004年に決められたことである。04年に成立した年金制度改正法において、基礎年金の国庫負担割合を09年度までに2分の1に引き上げることとされた。その際、「恒久財源を確保して行なう」とされた。つまり、5年間の期限付きで宿題を与えられたわけだ。なお、ここで「恒久財源」とは、消費税の増税を想定していたと思われる。また、負担割合の引き上げに要する額は、2兆5000億から3兆円と言われた。

 しかし、自民党内閣は恒久的財源を手当しなかった。07年頃までは税収も伸びていたので、手当を行なおうと思えば不可能ではなかったと思われるのだが、それをしなかった。だから、「宿題をさぼっていた」と言わざるを得ない。

 ただし、まったく何もなされなかったわけではなく、少しずつ手当がされてきた。まず、04年度では、年金課税の見直しにより272億円を積み増すことが行われ、05年度には、定率減税の縮減による増収により1101億円が加算され、また06年度には定率減税の縮減・廃止による増収により2200億円が加算され、国庫負担率を約35.8%まで引き上げる措置が講じられた。さらに07年度においては、1124億円を加えて約36.5%まで引き上げられた。

 09年度は、「宿題」の提出期限の年であった。しかし、麻生内閣は、恒久財源の手当ができなかった。その代わりに、「国民年金法等の一部を改正する法律等の一部を改正する法律案」が作られた(09年6月19日に成立)。この法律では、09、10年度は、引き上げに必要な財源を、いわゆる埋蔵金(財政投融資特別会計の金利変動準備金)で措置することとした。ここまでが自民党内閣だ。

2011年度予算で恒久財源の手当が必要

 2010年度予算は、編成途中から民主党政権が担当した。しかし、上記のように埋蔵金による手当が認められていたためか、民主党政権は子ども手当には2.5兆円の予算を使って制度化した半面で、すでに決まっていた基礎年金の財源手当は行なわなかった。これは、やはり「怠慢」「義務違反」としか言いようがないものだ。11年度には恒久財源が必要とされているのだから、少なくとも準備は必要だったはずだ。

 そして、いよいよ2011年度予算を決める今年は、待ったなしに恒久財源が必要な時限である。しかし、これまでの経緯を見る限り、とても実現できるとは思えない。消費税については、「総選挙までは増税しない」ことが、むしろ公約になってしまっている。

 新聞報道によると、年金の積立金を用いる案が浮上しているようだ。こうした措置は、十分あり得ることである。

 第1に、年金の積立金は極めて巨額である。

 第2に、09年度の積立金の運用成績は良好だったので、「少しは使ってもよいだろう」という雰囲気がなくもない(09年度の収益率は、内外株式が大幅に上昇したことから、7.91%という高い値となった)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
消費税だけでは財政再建できない!「日本を破滅から救うための経済学」

経済論争の最大のトピック=デフレ問題から、赤字国債発行の問題点、年金の破綻、消費税増税、円安誘導の為替政策まで、主要論点を網羅。いずれのテーマでも、通説と一線を画す内容に驚愕すること必至。綿密なデータの読み込みに裏付けられた、野口教授のマクロ経済政策論!1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

突如として世界中を襲った経済危機。激流に翻弄される日本経済はどうなってしまうのか? なすべき対策はあるのか? 100年に1度の未曾有の事態を冷静に分析し、処方箋を提示する野口悠紀雄の緊急連載!

「野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む」

⇒バックナンバー一覧