個人情報の管理があまりにもずさんな人事部の例といえるだろう。こんな人事部のある会社で働いてしまうと、自分たちの重要な情報が確実に外部へ漏れてしまう……と恐ろしく感じられてならない。

権力を笠に着て
若い女性社員に手を出す人事部

 最後は、モンスター度・上級(筆者独自の判断)の事例を見て締めたい。

「居酒屋チェーン店に事務として勤めていたときの話です。人事部で採用権を持つエリアマネージャーの男性(既婚・当時30代半ば)が、店長の女性(独身・当時20代半ば)に手を出したことがありました。場所は営業が終わった店内です。まあ“居酒屋あるある”なんですけど。

 初めてその“あるある”を聞いたときは『都市伝説でしょ?』と思っていましたが、普通に現実に起きていたんですね。女性店長から涙ながらに打ち明けられ、私もその事実を知ることに。上に報告したほうがいい、と何度も伝えましたが、結局女性店長は我慢して泣き寝入りして終わりました。権力を利用した卑劣すぎる行為だと思います」(30代女性)

 合意のないセックスはレイプだ。これは犯罪行為に分類されるだろう。取材対象者は「居酒屋あるある」と語っているが、こんなことが珍しくなく起きている状況を見過ごしていいのだろうか……。

モンスター人事部に
あたったら?

 人事部の権限は大きい。原則、人事異動は拒否できない。しかし、どうしても納得できない理不尽な辞令は、場合によって拒否できる。対象となるのは、明らかな悪意を感じたり、自身や家族への不利益が大きいと思われたりする転勤などだ。

 拒否の意思を示した上で、上司や会社と話し合い、それでも状況が改善されないようであれば、労働基準監督署をはじめとする行政機関や専門家など、外部のプロに相談するのが望ましいだろう。

 できることなら縁を持ちたくない、かかわりたくないモンスター人事部だが、もしものときの対応を知っておくと、いざというときになって困ることはないはずだ。