会社側の承認がなくても
個人の意思で退職できる

 会社側の承認がなくても、社員が辞めたければ辞められます。「辞めさせてくれないから辞められない」ということは絶対にありません。退職の申し出から退職するまでの期間は就業規則に書かれており、3週間という会社もあれば1ヵ月という会社もあります。民法第627条では、期間の定めのない雇用契約については申し出から2週間が経過すれば認められます。

 常識的には「辞めます」と申し出てから1ヵ月程度。置き換えがきかない仕事をしているような場合でも、最大で2ヵ月プラスアルファだと思います。退職を申し出てから退職日までにきちんと業務の引継ぎをして円満退社するのが理想ですが、強引に辞めざるを得ないこともあるでしょう。

 冒頭に挙げたようなひどいケースではない一般的な会社でも、周囲と摩擦を起こさずに良好な関係のまま「うまく辞める」ことは難しいと考えておいたほうがよいと思います。

 会社を辞めるということは、これまで仲間だった職場の裏切り者になることを意味します。裏切り者に対し、優しくしてくれるわけがありません。それなのにうまく辞めようと思うと、いろいろな心理的負担が生じてしまうのは必然ですが、うまく辞めようとしてかえって余計な苦労をしている人が非常に多い。

 摩擦なしに辞めることはまずできない。もし「うまく辞められたらラッキーだ」というくらいに考えておけばいいのです。

 心配することはありません。退職を申し出ることで一時的に上司や社長と関係が悪くなっても、多くの場合、時間が解決してくれます。大切なのはビジネスパーソンとして礼を尽くし、後任にきちんと引継ぎを行ってから退職していくことです。それでも関係が悪化したままであれば仕方がないと割り切ることです。

退職理由は
正直に伝えればよい

 退職理由は、基本的には正直に伝えるのがよいと思います。一昔前は退職するのが大変で、正直に「転職するから」と伝えるわけにはいきませんでした。

 なぜ退職が大変だったかというと、部下が転職で退職するとなれば、上司の人事考課に大きなバツ印が付けられたからです。まして競合への転職となれば大問題になりました。そのため転職しようとする人は、上司から強く慰留されるのが常でした。

 これを回避するため、昔は「叔父が倒れたため、田舎に帰り商売を継ぐことになりました」といったウソをついて辞めることが少なくありませんでした。こうすれば不可抗力による退職なので人事考課で上司にバツ印が付けられることはなく、誰も傷つけずに円満退職できるからです。