ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ソニーの次の標的がなぜフェイスブックに?
誤解されがちなハッカーたちの行動原則と生態

ガブリエラ・コールマン ニューヨーク大学准教授に聞く

2011年8月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

――アノニマスのメンバー自身は、仲間の逮捕にどう反応しているのか。

 アノニマスの中では、解放を求めたキャンペーンを始めるなど、統一した動きはある。ただし、逮捕されたハッカーの行為がDDoS攻撃だけではないため、それに組しない意見もあることは確かだ。もっと広いハッカーコミュニティーでは、「(逮捕は)当然だ」といった意見もあれば、罰が重くなり過ぎるのではないかと危惧する者もいる。

――あなた自身はどう扱われるべきだと考えるか。

 簡単に語れることではないので、ハッカーの逮捕についてはコメントを控えたい。ただ、これだけは言いたい。ウィキリークス後方支援でのDDoS攻撃については、これがプロテスト活動のひとつとして用いられる戦術であり得るのかということを、国民や裁判所が検討する余地があって欲しいということだ。

 当初のDDoS攻撃は、真面目に政治的な活動として起こったもので、単に違法行動だと決め付けることはできないのではないか。私は、どちらか一方の意見を強く支持する者ではないが、議論はすべきだと思う。

――ただ、外交機密ならばいざ知らず、企業が所有する個人情報ともなれば、ハッカー側がいくらセキュリティホールを公開するためだけにやったと言っても、世間はそう見ない。盗み出された個人情報データが悪用されないという保証はあるのか。

 こう答えよう。ハッカーにつけ込まれるほどセキュリティホールが脆弱であることが分かったからこそ、企業はそれを修正するわけだから、この種のハッカー行為には本来、一定の興味深いダイナミズムがあるのではないか。

 私が見る限り、アノニマスの関心の中心は政治的な行動であって、データを悪用したり、売って金儲けをしたりすることではない。チャットやフォーラムでの議論も、そればかりだ。だが、もちろん、そうした議論を盗み見している別のハッカーがいないという保証はない。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧