刺身もタタキも、ニンニク、生姜、ネギ、わさびなど薬味と一緒に食べると、抗酸化力が高まります。

 大根のツマ、大根おろしは消化酵素を含むので残さず同時に食べること。

 焼き魚の注意点は、焦げた皮は避けること。焦げは酸化物質であるAGEs。摂りすぎると発ガン性もあるほどの強い酸化で、代謝を落としてしまうのです。

②サーモンの刺身

 サーモンの赤色の色素が、抗酸化物質「アスタキサンチン」。ニンジンなどに含まれるベータカロテンの40倍の抗酸化力があると言われています。血管の若返り、血糖値抑制、脂質の燃焼を優先的に行なう効果を持ちます。

 サーモンの強みはビタミンDが効率的に摂取できること。血中ビタミンD濃度が高いほど代謝がよく、ダイエット効果が上がるなど、様々な若返り効果が証明されています。

 焼き鮭だと3分の1切れ(20グラム程度)で成人男性の1日の目安5.5マイクログラムが摂取できます。

③焼き鳥、やきとん

 焼き鳥、やきとんは、ミネラルが豊富なレバー、ハツ、砂肝などの内臓系がおすすめ。

 ダイエットに重要な鉄分と亜鉛の含有量は豚レバーがナンバーワン。

 鉄分は脂肪燃焼に必要な酸素を供給します。

 亜鉛はタンパク質、骨、髪から男性ホルモンまで体のあらゆる生成に欠かせません。