で、「なぜおしゃれに見えるのか」を議論したのですが、決して高い洋服を着ているからではないことに気づきました。そして、二人であれこれ分析した結果としてわかったのが

「体にぴったり合った服を着ている」
「歩く姿勢を意識している」

 この二点ではないか、という結論に達しました。

 いずれの場合にも、「客観的な視点」がなければできないことです。試着で適当に羽織ってみただけの洋服が体にフィットする確率は低いでしょうし、何もないところで歩き姿を自分で見ることは物理的に不可能です。

 どちらも「何かに映し出された自分」を見ないことには意識のしようがないのです。

 鏡でもいいですし、街のショーウィンドウに映る姿でもいいでしょう。スナップ写真をじっくり分析するのもいいですね。とにかく、「自分を客観視する習慣づけ」が大事なポイントです。

 私は幸いさんざんイベントで動画を撮影され、Youtubeなどで流されまくってしまっているので、いやでも自分を分析せざるを得ません。結果として、様々な修正ポイントを残酷なまでに映像で知ることになりますが、いち早く直すこともできます。

 そして、修正した状態を継続するための考え方として、知り合いが教えてくれた方法をご紹介します。それは「自分のすぐ後ろに『情熱大陸』の取材クルーがついてカメラを回している』と想像すること」です。

 たしかに、これは緊張感ありますよね(笑)。決して油断ができません。それくらい普段から意識しておけば、習慣づけされることは間違いないでしょう。ぜひとも、有名人になった気分で、油断せずに普段の生活をしてみてください。プレゼンの上達には効果てきめん間違いなしです。