ところで私が気になったのは夫の口座から何がいくら引き落とされているのかです。望さんに確認したところ、夫の分は別にしても妻子にかかる費用として引き落とされていたのは毎月17万円(住宅ローン10万円、保育園の保育料3万円、水道光熱費3万円、妻の携帯代1万円)。夫の言う5万円は口座引き落としとは別で、毎月5万円の現金を渡してくれれば、5万円のなかで食費やミルクやオムツ代等をまかなえば何とかお金は回るでしょう。

 さらに今現在、児童手当は夫の口座に振り込まれていますが、夫婦が別居中で妻が子どもを引き取っている場合、役所で手続きをすれば、振込口座を夫から妻へ変更することも可能です。具体的に言うと上の子は毎月1万円で、妊娠中の子どもが無事、産まれれば1万5000円が加算されるので、このことを加味してもいいでしょう。

「もしかすると弁護士さんは5万円の現金だけでなく、口座引き落としの継続も旦那さんに確約させたのかもしれませんよ。念のため、確認してみてはどうでしょうか?」

夫との交渉再開
弁護士が黙っていた意外なこと

 私は望さんをそう諭したのですが、望さんが弁護士事務所へ電話をかけ、このことを伝えると、ようやく弁護士本人との面談が認められ、直接会うことができました。どうやら望さんが早口でまくし立てたせいで、弁護士は「口座引き落としの継続」という点を伝えそびれたまま、望さんはその場を立ち去ってしまったのです。こうして2人の間で行き違いが生じ、望さんが不信感を募らせる結果になってしまったようなのです。

 そして弁護士がこんなふうに謝罪してきたそうです。「これだけ時間がかかったことは申し訳ないと思っています。僕が代理人として付いていながら、本人同士が直接、交渉するのはあり得ないので、どうしてもと言うのなら僕を解任してください」と。

 もちろん、望さんは弁護士を解任する気はなく、とりあえず「月5万円の現金+口座引き落としの継続」を確約する書面の作成を依頼しました。そして弁護士は夫の実家を訪ね、夫に書面へ署名させ、署名済の書面を見せてくれたので、ようやく望さんは胸をなでおろすことができたのです。ただ、まだ離婚が確定したわけではなく、夫が戻ってくるという望みを捨てきれないので、望さんはとりあえず様子を見ることにしたそうです。