ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

誤報なら良かった!このまま撤退で良いはずがない
シャープのガラパゴス事業に期待される進化

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第7回】 2011年9月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 スレート型端末の場合、主な用途は電子書籍(書籍から派生する総合的なコンテンツ利用を含む)だろう。だが日本では、コンテンツホルダー側の合従連衡ばかりで、肝心のコンテンツ供給は一向に進まない。ネットワーク対応型電子書籍で唯一市場が広がっているのは、フィーチャーフォン(いわゆるガラケー)向けの漫画や小説であり、スレート型端末への対応はまだ進んでいない。

 これは完全に鶏と卵の関係である。コンテンツのスレート型端末対応が進まないのは、結局はスレート型端末があまり成長しなさそうに見えるから。一方で端末が売れないのは、コンテンツが充実していないから--こうした不幸な関係の中に、両者が置かれてしまっている。

アップルは親子丼の名人

 ガラパゴス事業が今後成長していくためには、こうした〈チキン-エッグ問題〉の解消が求められる。そうした覚悟を決めたからこそ、シャープはガラパゴス事業を「ものづくりではなくサービス」と位置づけたのだろう。だがもちろん、覚悟だけで成し遂げられる話ではなく、かなりの体力勝負が求められる。

 私自身もこれまで、様々な分野で〈チキン-エッグ問題〉に直面してきた。そのすべてを解決できたわけではなく、結果として技術や事業が潰えてしまったケースもいくつか目にしてきた。そうした苦い経験も踏まえて敢えて申し上げると、〈チキン-エッグ問題〉は、鶏と卵を親子丼にして食べてしまうより他にない。

 これは決して冗談ではない。鶏と卵という二者に分けた時点で、解決は相当困難となるのだ。たとえば前述のコンテンツとスレート型端末の関係もそうだが、それぞれの成長が少なからず依存関係にある以上、どちらかが腹を括って市場を牽引するしか、両者が揃って成長する道はない。それが無理というのであれば、すべてご破算とするしかない。

 そんなことは分かっている、だがそれが難しいのだから、簡単に言ってくれるな--関係者であればそう思われるだろう。そう、確かにこれは言うは易しの話だ。自分自身でコントロールしきれない領域まで、自らでリスクを引き受けて共に成長できるようにしなければならない。カネもかかれば時間もかかるし、失敗した時のリスクは単独より大きい。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧