続きまして、企業ごとに見ていくことにします。まずは三井物産と三菱商事からです。