「玉ねぎ調理」3つのコツ

 玉ねぎは、生だと子どもも食べにくいので、炒めたり、煮込んだりします。
 玉ねぎを調理するコツは、3つあります。

◆コツ1.焦らずゆっくり炒めると、玉ねぎの甘みがよく出る
◆コツ2.「鶏手羽元のクリーム煮」など、煮込み料理に使うとよく合う。玉ねぎの量を倍にすると、さらに甘味が増す
◆コツ3.「豚肉のビール煮」(本書 p.82に詳細)でも、「あめ色玉ねぎ」を使うのがコツ。「あめ色玉ねぎの作り方」(本書 p.94に詳細)を参照

「豚肉のビール煮」

 数ある野菜の中でも、玉ねぎは“甘味の王様”です。

「農家の野菜スープ」本書 p.34に詳細)には砂糖が一粒も入っていませんが、玉ねぎの甘みがほどよく効いて、野菜嫌いな子どもゴクゴク飲み干してしまう大人気レシピです。

「農家の野菜スープ」