組織や家庭も壊す
「天の六白」最大の危険因子

<<ベストQ3>>
過剰にやりすぎていませんか?

 天の六白人の“集中力”。これは、時にすさまじいものがあります。
 一度、スイッチが入ってしまうと、三日三晩寝ずに没頭してしまうことも多々あります。
 これが天の六白人にとっての危険因子である“過剰の精神”なのです。

 一見、「高い集中力ですばらしい!」と思うかもしれませんが、この能力は、とても危険な諸刃の剣でもあります。

 第一に、本人は自覚していないかもしれませんが、体に大きな負荷をかけてしまっています。
 これは、年を取ってくると、どっしりと体に不調がやってきます。
「天の六白」は、どちらかというと、晩年運の傾向があるので、ある程度年を取ってからの体の健康、すごし方が重要になります。
 ですから、若いときの“過剰な行い”には十分気をつけてください。

 第二に、あまりに自分の世界に没頭し、過剰なエネルギーを使いすぎると、まわりとの温度差も生まれてしまい、家庭や組織が崩壊してしまうこともあるので注意が必要なのです。

「天の六白」としてのリーダー的な使命感から、人からの頼まれ事を、これでもかと過剰にやりすぎてしまうのでしょう。
 しかし、体を壊してしまってはまったく意味がありません。
 何事もほどほどが大切です。

 頭脳明晰ゆえに、学ぶことが大好きで、関心のある技術や資格も習得します。
 しかし、体は資本です。“適度に”を忘れないようにしましょう。

 いかがでしたか?
 以上が「天の六白」の「強運への9の質問(ナインクエスチョン)」のうち、特に押さえてほしい“ベスト3”です。
あなたはできていましたか?

 本書には、「9の質問」すべてを詳しく解説しています。
 6つで合格点。4つで及第点。3つ以下で落第点です。
 同じ「天の六白」の同僚とも、この課題に対して、努力しているかが、仕事のできる・できないはもちろん、人生の豊かさにも、大きな差が出てきます。

 イメージすべき、「天の六白」の大きなテーマは、「創造性を持ちながら、リーダーシップを発揮する」です。
 純粋な正義や理想を築き上げる強靭な信念を持っているのも「天の六白」です。
 ひとつひとつでいいのです。実行できるよう、頑張ってみてくださいね。