朝食と昼食は定番化
夕食は好きな物を食べて飲む!

菅野さんの休日の朝食(本文とは他の日)と3日目の昼食と夕食

 事前にいただいた、菅野さんの3日分の食事記録は次のものでした。

1日目(平日)
 朝: 味噌汁、ゆで卵
 昼: おにぎり、味噌汁、ゆで卵、サラダ、サラダ巻き
 夜: 冷奴、もつ焼き串5本、ビール中ジョッキ3杯

2日目(平日)
 朝: 味噌汁、ゆで卵
 昼: サンドイッチ、アイスコーヒー
 夜: ゆで卵、枝豆、刺身、サンマの南蛮漬け、ビール中ジョッキ3杯

3日目(平日)
 朝: 味噌汁、ゆで卵
 昼: 納豆巻、味噌汁、ゆで卵、サラダ(写真)
 夜: ゆで卵とチキンのせサラダ、ひじきの煮物、枝豆、納豆、ビール

 会社のデスクで食べている感じがよくわかるコンビニ食!「お役に立てるなら…」とありのままを見せてくださった菅野さんが輝いて見えました。こういうセレクトなら自分にもできそう、と思いませんか?

 メニューはご覧の通り、朝食と昼食はほとんど定番化しており、夕食は趣味の居酒屋めぐりをしてお酒と好きな物を自由に選んでいます。

 写真にはおにぎりや納豆巻きも登場していますが、菅野さんはもともとご飯があまり好きではないそうで、炭水化物を抜いた食事になることも多いそうです。ただ、読者の方の中には「炭水化物が大好き!」という人もいらっしゃいますよね。そんな人は炭水化物だけ腹八分目、を意識すると菅野さんのように食事で緩やかに痩せることができます。具体的には、おにぎり2個食べていたのを1個にする、外食したら「ごはん少なめで」とオーダーする、というように、抜くのではなく、ストレスのない範囲で減らすのです。