日本のプロ野球の原点は
本業の「販促ツール」だった

 前述の通り、池田氏は同じ1000万人でも、テレビの先の1000万人ではなく、スタジアムの周りにいる、よりリアルな1000万人に視線をずらしました。プロ野球ビジネスの原点とも言える、興行を核としたBtoCのスタジアムビジネスに舵を切り、「接点」を多く用意することで顧客の取り込みと囲い込みに成功したのです。

 原点回帰のようにも見える“ずらし”ですが、実はそうとも言い切れません。日本のプロ野球は原点にまで遡ると、BtoCの興行ビジネスとして出発したというよりも、新聞購読者や鉄道利用者を増やすための販促ツールとして位置づけられていた面もあるからです。つまり、池田氏の主導のもとで行われたベイスターズの経営改革は、原点に戻ったのではなく、プロ野球としてのより本質的なエンターテインメントビジネスへの転換だったのではないかと思うのです。

 池田氏はこうも言っていました。

「最初、スタジアムはガラガラで、横浜の人たちにも人気がないし、地元の経済界を回っても『ベイスターズにお金なんて出さないよ』と言われることばかりでした。その時に思ったんです。(横浜スタジアムのスタンドを)埋めればいいんだって。ひっくり返せばいいだけだって。もう埋まってるものをさらに伸ばすのは難しいけど、これはいけるなって思いましたね」

 ガラガラのスタジアムが池田氏には輝くチャンスのかたまりに見えた、というエピソードは示唆に富んでいます。

 顧客離れが進み、経営に行き詰まっている企業ほど、目の前のチャンスに気づいていないのかもしれません。コンセプトをずらして顧客の獲得に成功したベイスターズの事例は、業種にかかわらず、苦境脱出の大きなヒントになりうるのではないでしょうか