年金制度については、僕らも半信半疑で納めていたからなー。僕らの頃は、今ほど長生きじゃなかったから、年金をもらえる年齢になる前に死ぬかもしれないと思っていたしね。

 あなたは30歳だっけ? そうすると、年金が支給されるのはまだ30年以上も先なんだから、そんな細かいことを気にしてても、人生面白くないと思うよ。

年金制度を崩しているのは
もしかしたら若者かもしれない

――でも、30年後は必ずやってきますからね。ほら、地球の環境問題ってあるじゃないですか。あれって、今の我々がどんなに環境破壊を繰り返しても、30年後に地球が破滅することなんて、さすがに起こり得ないと思うんですよ。

 ただ、今のうちに今後のことを考えておかないと、「100年後、200年後の地球がヤバイ」という話だと思うんです。年金制度もそのように、いつかやってくる未来のために考えないといけないよね、という話だとは思うんです。

 ただ、財源がないからしょうがないよね。君も経済の勉強をしているから詳しいと思うけど、年金制度って子どもが生まれなければ破綻する制度でしょ。あなたは子どもがいますか?

(筆者、「いない」と答える)

 私は2人の息子がいます。年金制度を破綻させない最も有効な手段は、それぞれが責任を持って次の世代の担い手を育てないからじゃないかな。年金制度を崩しているのは、もしかしたらあなたかもしれない。

――痛いところを突いてきましたね。ただ僕は、今日は若者の不満・不安を代表して来ているので反論しますと、現実問題として、派遣社員やアルバイトの人が子どもを産むのはハードルが高いと思いますよ。現在は派遣社員などの比率が増えているので、未婚者の割合が増えたり子どもの数が減っているのは、必然だと思うんです。

 色々理由はあるかもしれないけど、一番は「子どもなんていらないや」という考え方だと思うんだよね。昔は娯楽が今ほど多くなかったから、子どもを生んで育てるのが一番の楽しみだったんじゃないかな。