なぜ「英語で考える」と頭がよくなるのか

「入試で『面接』があったんですが、J PREPでやってきた英語ディスカッションの経験がめちゃくちゃ役立ちました!」

これは慶應大学の医学部に特待生として合格した生徒の言葉です。それまで英語で議論するトレーニングをしてきたわけですから、日本語での質疑応答が容易に感じるのは当然といえば当然です。
彼がうちの塾にやってきたのは中3のときでした。それくらいでも勉強法を切り替えるタイミングとして遅くはありません。国内の難関校はもちろんのこと、総合力が真正面から問われる海外の有名大学を目指すのであれば、やはり英語で教科科目などを学ぶCLILは欠かせないでしょう。

酸素の薄い高地で走り込んで心肺機能を鍛えるマラソンランナーと同様、外国語で知的トレーニングを積んだあとには、母語で同様の作業をするのが格段に楽になります

これは僕個人の体験に照らしてもそうです。イェール時代の博士論文をもとにした拙著『自民党長期政権の政治経済学』(勁草書房)は、日経・経済図書文化賞など、複数の学術賞を受ける高評価を得ました。これもまた、外国語という負荷をかけて思考した成果を、もう一度、母語環境で深めるプロセスがあったおかげだと感じています。

(本原稿は斉藤淳・著『ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語』から抜粋して掲載しています)