2次会の強要や
カラオケマイクの独占は「ぶざま」

 できる上司は“引き際”もスマートなものです。

 本来、上司とは仕事だけのおつきあいで十分なところ、1次会までおつきあいした部下に2次会まで強要するのは、やり過ぎです。誰でも、自分の時間を大切にしたいものですから……。

 実際、米国では、会社の忘年会が楽しいと感じる従業員は36%しかいない、という調査結果があるそうです。日本はどうでしょうか。

 カラオケも、人間性がしばしば出てしまう場面です。

 ある人が主役の宴会の二次会で、主役ではない、その人の上司が、カラオケでマイクを独り占めして離さない……というケースがありました。

 自分しか見えていない上司は、ぶざまとしか言いようがありません。そんな上司に、チームを率いる力はあるのでしょうか。

 最後に、部下が宴会で上司を見て、「嫌だな」と感じる点を以下の10項目にまとめました。あなたには、思い当たる点はないででしょうか?

◎宴会で部下から見て嫌な上司
(1)店の人に対して横柄な態度とる
(2)説教する
(3)過去の自慢話をする
(4)気を使わせる
(5)酒に飲まれる
(6)プライベートなことにツッコむ
(7)食べ方が汚い、食べ残しが多い
(8)会計でケチる
(9)2次会を強要する
(10)カラオケマイクを独占する