トヨタグループとして『人・街・社会』が
しっかり見えているかどうか

 今回の発表でも、豊田章男社長は最近の記者会見での常套句となった「100年に一度の大変化の時代」において、トヨタは常に挑戦者で居続けることを強調した。

 その言葉通り、この1年間だけでも、トヨタおよびトヨタグループ主要企業で、EV、自動運転、コネクテッドカー、さらにMaaS(Mobility as a Service、カーシェア等の“モビリティのサービス化”を指す)に関する具体的な動きを表明した。

トヨタが攻勢をかける新戦略の課題は「脱・技術優先主義」だデンソーはMaaS関連の米企業などを買収し、一気にMaaSシフトの様相 Photo by Kenji Momota

 トヨタのIT戦略の要であるデンソーはCES2018の出展に合わせるように、シリコンバレーのMaaS関連ベンチャーのActiveScale社を買収している。

 こうした中、筆者が感じる、トヨタおよびトヨタグループの「100年に一度の大変化の時代」に対する最も大きな課題がある。

 それは、テクノロジーオリエンテッド(技術優先の考え方)からの脱却だ。

 EV、自動運転、コネクテッドカーという、次世代モビリティの主要3分野は、あくまでもバックエンドの技術であり、実際にサービスを受ける顧客に対しては、縁の下の力持ちであり続けるべきだ。

 自動車産業は百十余年前の草創期以来、クルマ中心(=技術中心)を売り物として成立してきた。次の100年に向けてMaaSという概念をトヨタに根付かせるのならば、ソフトウエアやAI開発者レベルからディーラーの現場営業マンに至るまで、「人・街・社会」のより良いあり方を第一としたモビリティ概念を持つべきだ。

 そうなれば当然、大量生産・大量販売型のいわゆる『n数商売』は成立しなくなる可能性が高い。

 トヨタ幹部におかれては、『n数商売』とMaaSを、トヨタお得意の『すり合わせ』で調整するのではなく、『n数商売』のワーストシナリオをしっかり描いた上で、「人・街・社会」と今後、トヨタがどのように接するべきなのかの議論を社内で深める活動を、より一層進めていただきたい。

 CES2018の現場で、そう強く思った。

(ジャーナリスト 桃田健史)