ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

2018年に注目すべきIT戦略テーマ

――「ITR注目トレンド2018」より

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第76回】 2018年1月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

ビジネスの開発と遂行

 まずは、「ビジネスの開発と遂行」について見てみよう。ここに示されるのは、テクノロジーを基軸とした新たなビジネスの開発や既存のビジネスプロセスの改善に関わるテーマであり、関連する投資や管理について求められる方針についても言及している。戦略テーマと予測を以下に示す(図2)

1.攻めのIT投資に向けた枠組みの再構築:
攻めのIT経営が叫ばれる中、IT投資のあり方についても見直しが迫られている。ビジネス変革に向けたIT投資をどのように捻出し、評価するのかが論点になっており、新たなIT投資管理の枠組みの構築が求められる。

2.戦略的なサービタイゼーションの展開:
IT業界に見られる「As a Service」方式のサービスモデルは、IoTをはじめとするテクノロジーの急速な発展によって、あらゆるビジネスに適用されつつある。サービスビジネスを推進する企業は、今後求められるビジネスモデル、管理プロセス、テクノロジーの特性を見据えて戦略を立案することが求められる。

3.ものづくりデジタル革新へ向けたライフサイクル管理の確立:
大量生産並みの低コストで一品一様のマスカスタマイゼーション(個別大量生産)を実現できるスマートファクトリーなど、ものづくりデジタル革新の検討が活性化している。成功の鍵となるのは、設計から保守/サービスに至るプロダクトライフサイクルを統合した製品データベースの構築である。

4.AI/ロボティクスとの共存を前提とした業務プロセスの整備:
AI(人工知能)およびロボティクスの普及拡大により、従来まで人手でまかなわれてきた多くの業務のデジタル化と自動化が進行することが想定される。企業は、「人」と「機械」の役割分担を明確化し、両者の共存を前提とした組織体制と業務プロセスを整備すべきである。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧