ランキングを見ると、一般向けによく売れている、いわゆる「売れ筋」の投資信託とは大きく異なることが、一見してよく分かるはずだ(得票の詳細その他は、http://www.fundoftheyear.jp/2017/をご参照ください)

【投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017 ベストテン】
1位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天投信投資顧問)
2位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(ニッセイアセットマネジメント)
3位 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天投信投資顧問)
4位 野村つみたて外国株投信(野村アセットマネジメント)
5位 eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)(三菱UFJ国際投信)
6位 ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス)
7位 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス(「三菱UFJ国際投信」)
8位 たわらノーロード先進国株式(アセットマネジメントOne)
9 バンガード・トータル・ワールドストックETF(VT)(ザ・バンガード・グループ・インク)
10位 iFREE S&P500インデックス(大和証券投資信託委託)

外国株式の低コスト商品が人気

 ベストテンを見ると、5位の「eMAXIS Slim バランス(8資産均等)」、6位の「ひふみ投信」の2本を除くと、いずれも主に外国の株式に投資する投資信託である。投信ブロガーの間では、国際分散投資が常識とされており、外国株式に投資する商品に対するニーズが高い。

 実は、外国株式に投資する商品は、数年前まで運用管理コストが高く、投資家の悩みの種であったが、近年、リーズナブルな水準の運用手数料の商品が増えてきて、手数料に関しては一種の引き下げ競争が起こっている。

 運用手数料は、外国株式であっても、国内株式であっても、現在、年率0.2%前後ないしはそれ以下の水準が常識になっている。もちろん、購入時に手数料が掛かるような商品は、リテラシーの高い投資家から見ると「論外」だ。

 読者は、一つの基準として、高くても年率0.3%まで、つまり100万円を運用するのに3000円までが、投資信託の運用に払ってもいい手数料の上限だと心得ておくと、不適切な運用商品を除外する上で有益だ。

 さて、1位と3位には、楽天投信投資顧問の「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」と「楽天・全米株式インデックス・ファンド」が選ばれた。いずれも、昨年投入された新商品で、海外市場に上場されている、ザ・バンガード・グループ・インクのETF(上場型投資信託)を投資対象として、一般の投資家が小口から買えて、積立投資などにも使える投資信託に仕立て上げたものだ。