スマホでお肌診断も…家電の新潮流は「ビューティー・テック」ロレアルの最新UVセンサー。電池はなく、光で発電してスマホにデータを送る Photo by H.O.

  このUVセンサーの凄みは、バッテリーがないことだ。紫外線センサーと通信モジュールで構成されており、センサーに照射された光で発電した電気を使い、どれだけ紫外線を浴びたかという情報をスマホに送る。バッテリーがないために直径約9ミリメートル、厚さ約2ミリメートルと超小型のセンサーを実現できたのだ。

 皮膚に貼ったまま同じのセンサーを使い続けることができる期間は、約2週間を推奨。今夏から米国など一部地域で発売を開始する予定で、世界展開は19年になるという。

 このように、ビューティー・テック市場では、消費者一人ひとりの“今”の状態を把握し、それに最適なサービスを実現するため、最新のテクノロジーを積極的に採用する潮流が生まれている。大量に広告を打ち、同じ化粧品を多くの消費者に訴求する手法が時代遅れになる日も近そうだ。

 次回のシリーズ3回目は、「激化する自動運転の覇権争い」をお伝えする。