新しい片づけ術として一世を風靡した「断捨離(だんしゃり)」ですが、「モノが片づいてスッキリした!」は「断捨離」の入口にすぎません。家の中の不要・不適・不快なガラクタを捨てるということは、お気に入りのモノだけを残すことであり、その繰り返しによって、マイナスの思考や感情、他者から押しつけられた観念(価値観)も手放すことができます。お金、健康、夫婦、親子、時間、結婚、離婚、家事、終活……の悩みも消えていきます。その結果、身も心も軽くなり、本当に大切なものが手に入るようになり、人生が大きく変わっていくのです。こうした断捨離の究極の目的を伝えるために、断捨離の提唱者である著者が集大成としてまとめた新刊『人生を変える断捨離』の中から、ポイントとなる項目を12回にわたり抜粋してご紹介していきます。

人間も住まいも“排泄”が大事

やました ひでこ
クラター・コンサルタント。一般財団法人「断捨離®」代表。
早稲田大学文学部卒。学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常生活の「片づけ」に落とし込み、誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。断捨離は、思考の新陳代謝を促す発想の転換法でもある。「断捨離」の実践的メソッドは、現在、日本のみならず海外でも、年齢、性別、職業を問わず圧倒的な支持を得ている。初著作『新・片づけ術 断捨離』(マガジンハウス)を刊行以来、著作・監修を含めた多数の「断捨離」関連書籍がアジア、ヨーロッパ諸国でも刊行され、累計400万部のミリオンセラーになる。現在、書籍の出版はもとより、Web・新聞・雑誌・TV・ラジオ等さまざまなメディアを通して精力的な発信活動を展開している。

繰り返して申し上げますが、断捨離とは「出す」ことです。

単なるゴミ・ガラクタであれば、「ゴミ出し」すればいいですし、今の自分との関係性が終わったモノやエネルギーを奪われるようなモノであれば、捨てるなり、リサイクルするなりして、適切な方法で出していく。

入るだけ入ってきて出ていかない空間は、私たちを停滞させていきます。

2011年の東日本大震災はまだ記憶に新しいと思いますが、あの時、被災地では無事に助かったのに、避難所で亡くなられた方が数多くいらっしゃいました。

それには“排泄”が大いに関係していたと、内閣府の「『暮らしの質』向上検討会」の席で伺いました。

避難所では、お弁当や炊き出しはありますから、多少物足りなくても、なんとか栄養を摂ることはできます。

ところが、トイレの数が足りなかったため、排泄を我慢していた高齢者の方々から弱っていったそうです。

トイレ自体もすぐに詰まってしまい、行きたくても行けない状態だったそうです。

それほど排泄は人間にとって大事なことであり、同時に盲点でもあったのですね。

大きな災害が起こった時、私たちは、被災地に「食べ物を送ろう」という発想はすぐに浮かびますが、「トイレを送ろう」という意識にはなかなかなりません。

ここでもやはり、取り入れることばかりに目が向いてしまうのです。